スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年5月18日 日曜日

2014年5月18日 日曜日のことです。
もう、大丈夫なので記事にすることにしました。

夕方、いつもの公園にお散歩に行きました。
公園には、たくさんのワンちゃん。
たくさんのワンちゃんがいたので、犬好きの小学生の女の子が、公園に来ている中で一番小さなワンコのあーちゃんをみつけ「抱っこしたい」って。

「どうぞ」って言っって抱っこさせていると・・・。

悲劇が起こりました。

あーちゃん、
抱っこされていた腕の中から地面に落ちました。
女の子は、小学3~4年生ぐらい。
立ったままの状態で落ちました。

体重1キロのあーちゃんにすると、たとえ、高さ1メートルぐらいでもかなりの高さです。
人間でいえば、建物の2階か3階から落ちるような高さです。

異常な鳴き声・・・。数十秒ぐらい泣き続けてました。
こんな声、こんな長時間、初めてです。

もしかしたら???
泣き止んだ後、そっと立たせると、前足を「ガクッ」とさせて、また悲鳴。

これは、おかしい。普通じゃない・・・。

日曜日の夕方。
空いている動物病院・・・。早く連れて行かないと・・・。

公園の一番近くにある病院へ

レントゲンを撮ってもらいました。

fc2blog_2014071323153347d.jpg

右の腕(前足)です。
2本の骨が両方折れています。
fc2blog_20140713231657d67.jpg

行った動物病院は、「整形外科は得意ではないので、もっと良い固定方法があるのかも知れないが、私ができる固定はこの方法が精一杯です」と処置をしてくれました。


fc2blog_20140713223317716.jpg

「整形外科が得意な病院をご存知でしたら教えてください」って聞くと
門真にある専門医を教えてくれました。

翌日の夕方に、その専門医のいる動物病院へ行ってきました。
予約制の病院。
行ったけど、固定のやり直しだけで、「再度木曜日に来てください」って木曜日の予約をして帰宅。

5月22日・木曜日に病院に行って、再度レントゲン撮影。

fc2blog_20140713223439f35.jpg

折れていたけれど、ずれていなかった骨は、
木曜日にはズレてしまっていました。
(固定の方法が良くなかったようです)
先生が「このままで骨がくっついてしまうと、この足は歩けない足になります。走ることはできません」

ショックです。
あと1ヶ月で1歳になろうとしている時期でした。

公園に行っても、走り回っていました。
まだ1歳になっていないのに、これから一生走れない・・・。

先生が「手術をしたらまた走ることができるようになります。」って

「早く手術しないといけません。」「今日の午後から手術をします。」

あまりの急な展開に驚き、考える余地なく、そのまま病院に預け手術。

手術する前に
「この仔は体重が1キロしかなくて、全身麻酔が怖いのです。私の知っているワンちゃんが全身麻酔で手術して帰ってこなかったんです。大丈夫でしょうか」

先生が「元気な仔であれば、体重1キロでも大丈夫です。手術する前に、手術に耐えられるか検査して大丈夫と判断した場合しか手術しません」
「手術後、入院してもらいます」

「この仔は、食べたり食べなかったりするので何日も預けると心配です。手術当日退院できませんか?」

先生「当日は難しいですけど、それでしたら、翌日なら退院してもいいでしょう」

病院に預けて帰ってきました。

fc2blog_2014071322355880d.jpg

朝に預けて、夕方に電話がありました。
「無事に手術は成功し、麻酔から覚めています」って

先生が「血液検査をしたら、肝臓の数値が高かったので、肝臓のレントゲンを撮り、エコー検査をし、尿検査をし大丈夫だと判断し、手術をしました。」って

それだけ慎重に調べてから手術して貰えたことは、安心できました。
だけど、手術費用、入院費用、手術前のレントゲン、診察費用に加え、血液検査、肝臓のレントゲン撮影、エコー検査、尿検査・・・。

費用はいくらかかるんだろう・・・

fc2blog_20140713223749b39.jpg

チタンプレートを2枚。
通常1枚のプレートで固定するのだけれど、あーちゃんの骨があまりにも細く1本では固定することができず、2枚のプレートを側面と上面の二面で固定。
fc2blog_201407132239304bc.jpg

翌日、迎えに行ってきました。
フードは、食べてくれていたようです。
骨の中に入っている海綿骨も肩から腕に移植しました。
なので、肩にも傷があります。

fc2blog_2014071322402669e.jpg

腕は、熱を持っていてパンパンに腫れています。
毛は、肩から剃られていて、パンパンに腫れた足はゴジラのようです。

飲み薬と、手術した腕は1日2回冷却が必要。

fc2blog_2014071322411127a.jpg
腫れは、3日間続きました。
先生には1週間冷やしてくださいって言われたけど、熱が引いているのに冷却すると嫌がります。
3日間だけ冷却しました。

傷を舐めて菌が入ってはいけないので、エリザベスカラーを付けています。
抜糸は2週間後。

手術から2週間経ったあーちゃん。
抜糸も終わり、エリザベスカラーも外すことができました。
fc2blog_201407132241537c2.jpg


犬の骨折は、骨が繋がるまで6週間から9週間。
あーちゃんは、若いので治るのも早く、手術してから6週間後に再度レントゲン撮影し、歩いても大丈夫とお散歩ができるようになりました。

手術する前は、「チタンのプレートを1枚入れますが、もう骨の成長も止まっているので、抜かずこのままです」って言われていたのに、6週間後の検査で
「2本プレートを入れたので、1枚は取ります。再度手術をします」って

来月のお盆過ぎに、再度プレートを取る手術をします。

まだ、完治したのではないけれど、
とりあえず、お散歩できるようになったので、記事にしました。

次の手術も無事に成功してくれますように。

経過は、また8月末ごろ記録として残しておきたいと思います。

今は、骨折したとは思えないぐらい元気に走り回ってくれています。



スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ころん・ぽにょんママ

Author:ころん・ぽにょんママ
◆ころん◆ 
 ☆ブラックタンのチワワの男の仔
 ☆2009年7月25日生まれ
 ☆体重:1.9キロ前後
・2011年の春にJKCチャンピオンになりました。
・2012年BISS獲得。
・2013年4月ジャパン インターBOB&9G4席獲得
・2014年2月インターナショナル ビューティ チャンピオン完成

◆ぽにょん◆
 ☆クリームのチワワの女の仔
 ☆2009年11月21日生まれ
  ☆2013年6月16日出産を経験
 ☆体重:2.3キロ前後(只今ダイエット中)

◆あーちゃん(あぽろん)◆
 ☆ブラックタンのチワワの男の仔
 ☆2013年6月16日生まれ
 ☆パパはころん、ママはぽにょん
 ☆体重:1キロ前後(極小チワワ)

   

sidetitle誕生日までsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleころん・ぽにょん御用達sidetitle
ころん・ぽにょんの
食べてるドッグフード
フワフワ・艶髪に

合成保存料や酸化防止剤ゼロ
天然サプリメント入り
レビューで初回1kg
送料込1000円

写真をクリックすると
購入できます



炭入りペットシーツ
写真をクリックすると
購入できます。


飲んでいるお水
写真をクリックすると
購入できます


180枚でこの価格。
お散歩半年分です。
写真をクリックすると
購入できます



夜のお散歩必需品
小さくて軽いライトです。
写真をクリックすると
購入できます



ワンコの体重管理に
10グラム単位で計れます
写真をクリックすると
購入できます


おすすめ品
倭鴨(やまとがも)
売り切れる前に!
写真をクリックすると
購入できます
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle里親募集sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。